2011年3月28日

東京地区の構造用鋼、同値圏内で推移

 構造用鋼は横ばい。高炉メーカーが鉄鉱石、原料炭価格の高騰を背景に鋼材を値上げしたのに続き、専業大手の大同特殊鋼も1万5000円以上引き上げる旨を発表した。流通では今後、仕入価格の上昇が見込まれることから早期の価格転嫁を実施したい意向だが、震災の影響が長期化しそうなため様子見の姿勢を貫いている。

 市中の反応は比較的冷静だ。機械構造用炭素鋼(SC、丸鋼)はトン13万円、クロム・モリブデン鋼(SCM、丸鋼)は15万5000円どころ。

おすすめ記事(一部広告含む)