2012年1月16日

東京地区のステン厚中板、荷足鈍く模様眺め

 ステンレス厚中板は横ばい。市中は年明けの荷動きが比較的弱く様子見の傾向が強いが、ニッケル価格が上昇傾向にあり、このまま続けば市況は反転する可能性もある。足元、SUS304ホットカットシート(定尺、3―6ミリ)はトン33万円どころ、4段品(同、7―14ミリ)は49万―50万円どころ。

おすすめ記事(一部広告含む)