2012年1月11日

東京地区の異形棒、需給均衡 底堅く

 異形棒鋼は、ベースサイズの直送でトン5万9000―6万円で強含み横ばい。引き合いは増えており、メーカー受注量も増加傾向にある。鉄スクラップ電炉買値に対しては不透明感との見方が広がっているものの、需給バランスが適正化しているため、底堅い展開が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)