2012年1月10日

東京地区の厚板、下振れ気味で推移

 厚板は年明け早々で商い薄。定尺(19ミリ、5×10)は無規格品でトン8万5000円、切板9万6000―9万7000円どころで弱基調。建築や橋梁で需要は出てきたが、マーケットを下支えるまでには至っていない。昨年までのメーカー値下げにより、しばらくは下振れ気味で推移する見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)